10代におすすめのわきがの対策と予防グッズランキング

10代のわきがの対策と予防グッズ

腋臭は体質ですが、大抵子供の頃はそれ程気にすることはなく、臭いが気になりだすのは思春期に入ってからです。 これは思春期に性ホルモンの分泌が多くなると共に腋臭も強くなってくるため。

 

従って10代で腋臭に悩みだす人は少なくないでしょう。 特に腋臭が原因でいじめに遭う、あるいは対人関係がうまく築けないというのであれば、ことは重大です。

 

しかし10代の場合、親の協力がなければ腋臭対策もある程度限られてしまいますね。 腋臭対策グッズの殆どは効果の高いものであればあるほど価格もそれなりに高いからです。

 

お小遣いやバイト代で定期的に購入できるような対策グッズでは、大抵の場合効果も弱かったり持続時間が短かったりしますよね。

 

それでここでは、10代でも安価に購入できて腋臭に効果のある対策法をご紹介したいと思います。 安価にできる腋臭対策法。 その一つは「ミョウバン水」です。

 

ミョウバンとは天然鉱物の一つで、食品添加物としても使用されていますが、その殺菌作用や制汗作用から本格的な腋臭専用クリームやデオドラントなどにも配合されています。

 

ところがミョウバンそのものは非常に安価で、スーパーや薬局で100円程度で売られています。 これを購入してきて、自分でミョウバン水を作ってみましょう。

 

作り方も至って簡単。 1.5Lのペットボトルに水を入れ、そこに焼きミョウバンを50g加えます。 軽く振ってから直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。

 

2日後くらいにはミョウバンが溶けてミョウバン水になっています。 これを原液とし、20〜50倍に水で薄めてスプレーボトルに入れて冷蔵庫で保管します。

 

出かける前に脇の下にスプレーしましょう。 コットンに染み込ませて直接塗るのもOKです。 ケースを工夫すれば、友達に気づかれることなく学校にも携帯できると思います。