50代におすすめのわきがの対策と予防グッズランキング

50代のわきがの対策と予防グッズ

腋臭はもともと生まれ持ったアポクリン汗腺の数と質ですから、通常腋臭体質の人は思春期の頃に発症します。 従って大人になってから突然腋臭になるということはあまりないのですが、例外的に、例えば性ホルモンの分泌が変化することでアポクリン汗腺の分泌物の量が増え、腋臭が発症してしまうことがあります。

 

従って、性ホルモンの分泌が変化する更年期、つまり50代で腋臭に悩みだす女性は意外に少なくないのです。 更年期を迎えた50代の女性であれば、この時期から突然多汗症になった、あるいはそこまでいかなくても汗をかきやすくなったという人は多いはずです。

 

これは女性ホルモンの分泌が少なくなり、汗腺機能のバランスが崩れることが原因で、汗の本来の役割である体温調節がうまくいかなくなるために起こります。

 

このためアポクリン汗腺からの汗の分泌と共にエクリン腺からの汗の量が増えることで、腋臭の臭いが更に拡散されてしまうのです。 従って50代になって腋臭の臭いが気になりだしたという人の場合、更年期障害が引き金となっていることが多いのです。

 

ではどうすればこの腋臭の症状を抑えることができるかと言うと、直接汗腺に働きかける作用のある大豆イソフラボンを摂取すると良いでしょう。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので更年期には特にお勧めです。

 

更に入浴や運動などで血行を良くして汗腺機能を整えることもお勧めです。 入浴の場合、半身浴でゆっくり湯船に浸かるだけでも血行促進に役立ちますが、発汗がひどいと感じる場合には醸造酢や黒酢を湯船に入れて浸かる「酢風呂」が効果的だそうです。

 

運動の場合ですと、ストレッチやウォーキングなどの有酸素運動がお勧めです。 このようにして汗腺機能を整えながら清潔な状態を保つことで、かなりの程度更年期から来る腋臭を改善できることでしょう。