わきがはどんな臭い?|わきがの対策と予防グッズランキング

わきがはどんな臭い?

日本においては全体の約10%の人がわきがと言われていますが、これは世界的に見れば非常に少ない割合です。 その為か、よりいっそうわきがの人は嫌がられる傾向にあるのですが、わきがであることを本人が気づかないことも多く、わきがはどんな臭いかと聞かれてもイマイチぴんと来ないこともあるようです。

 

これは普段からずっと嗅いでいる臭いなので鼻が慣れてしまい、その臭いに対して嗅覚が麻痺してしまっていることによります。 では実際に、わきがはどんな臭いなのでしょうか。 わきが臭とは細菌が脂質やタンパク質を含む汗を分解した時に放つ臭いですから、脂質系の臭いがします。

 

特にわきがの本来の目的はこの匂いを放つことで異性を惹きつけるフェロモンの役目を果たすことと考えられており、つまり匂いを出すことそのものがわきがの目的と言うことですから、鼻粘膜を強く刺激する脂肪酸が匂いの主要成分となっています。

 

それで一般によく言われる「鼻を突くすえたような臭い」というのはある程度言い得ていると思います。 他の表現として、「ゴボウの匂い」「ネギの匂い」「鉛筆の匂い」「クミン(香辛料)の匂い」「古びた洗濯ばさみの匂い」などとも言われます。

 

しかしわきが自体人によって臭いに多少の違いがあるため、これらの表現がぴったり当てはまるとも言い切れません。 しかも「匂い」とは感覚なので、人によって感じ方にも違いがでてきます。

 

それでわきがはどんな臭いかと言っても結局のところわきがと判定された人の臭いをかいでみるしか本当のところ分らないというのが現実でしょう。 自分がわきがかもしれないと不安な人は、セルフチェックで確かめてみることもできますが、より確実なのは美容外科などで検査してもらうと良いでしょう。