わきがは遺伝する?|わきがの対策と予防グッズランキング

わきがは遺伝する?

自分がわきがかどうかをセルフチェックする項目の一つに、「親や祖父母にわきがの人はいるか」という点があります。 わきがは遺伝するのかどうか気になる方は少なくないのですが、このことからも分るように、わきがには遺伝が関係しています。

 

いえ、「関係している」と言うより、遺伝が大きな要素とさえ言えます。 と言うのも、わきがは体質であり、より具体的に言えばアポクリン汗腺の量が人より多い体質であるために発症するので、これは生まれつきの問題であり、遺伝が大きな原因になっているとされているのです。

 

しかし「わきがは遺伝する」言ってもそもそも遺伝には「優性遺伝」と「劣性遺伝」の2種類があることはご存知の通り。 簡単に言えば「優性遺伝」は親の体質など特徴が子供に遺伝する確率の高いもの、「劣性遺伝」はその確率が低いものを指します。

 

そして残念なことにわきがは「常染色体優性遺伝」と言って高い確率で遺伝する優性遺伝なのです。 では実際にどれ程の確率かというと、例えば両親のうち片方がわきがであった場合、子供に遺伝する確率は50%だそうで、両親共にわきがであった場合には75〜80%の確率なのだそうです。

 

中には「うちの両親はわきがじゃないのに私はわきがだ」と嘆く方もいらっしゃるかもしれませんが、わきがは体質であり遺伝ですから、両親でなくても例えば祖父母のうちの誰かがわきがである可能性が高いでしょう。 しかしわきがは遺伝するといっても、その程度や発症時期には差があります。

 

基本的にはわきがの原因であるアポクリン汗腺は性ホルモンの変化と共に成長するため思春期頃に発症する場合が多いのですが、第二次性徴期が早く訪れる人は子供の頃から発症しますし、大人になって何らかの原因で性ホルモンのバランスに変化があり大人になってから突然発症する場合もあります。 更に食生活や緊張しやすいなどの性格的な面での違いがわきがの程度を左右することも珍しくありません。